マーケティングオートメーションの導入で業務の効率化が実現

見込み客の確保をスムーズに行える

マーケティングオートメーションを導入することで、自社商材に興味を持つ見込み客をスムーズに見つけることが可能となります。多額の販促費を掛けても、成約に至る可能性が薄いユーザーを集めていては、売上に結びつかないのも実情です。マーケティングオートメーションを活用することで、提供している商材に興味を抱くユーザーに対し、購買意欲の喚起を進められるのです。リードナーチャリングと呼ばれる教育手法により、ユーザーに段階的に商材への興味を即すのです。販管費を高めても売上に結びつかない事業者にとっては有効な営業手法となることでしょう。

ツールを導入するにあたっては、予算と運用の両面から検討を行うことが大切です。マーケティングオートメーションの提供形態には、社内に構築するタイプのオンプレミス型と、クラウドサービスを活用するスタイルが存在しています。ツール導入の目的と予算の範囲を加味した上での選定を進めていきましょう。

マーケティングオートメーションを導入する際の注意

マーケティングオートメーションを導入する際には、幾つか注意するべき点があります。見込み客のナーチャリングを進めるにあたっては、社内に教育体制を整えておく必要があるからです。ツールを導入しただけでは、ユーザーに購買意欲を促進させることはできません。見込み客の関心度に従った、適切なコンテンツを配信できる環境を社内に構築しておく必要があるのです。コンテンツを作成できる人材が社内にいない場合には、新たに人材を雇用する必要も出てくることでしょう。ツールを活用する際には、導入形態も加味した上で、運用体制の熟考を行うことが欠かせないのです。

マーケティングオートメーションは顧客情報の収集と蓄積、見込み顧客を顧客へと育成する、マーケティングの施策を分析するという3つの要素から構成され、これを省略化・自動化します。